ホリデイ・トレッキング・クラブ

活動レポート

Bev Hosking 来日ワークショップ まとめ
7日間のスペシャルプログラムを終えて
2012.10.19 - 10.25

 橋本久仁彦氏は、日本に古くからある文化伝承に着目し、西洋から運ばれて来たPTの特性と経験を生かして新たに「縁坐舞台」の構築を実現しました。今回は参加者に縁坐舞台の背景にある、日本人に流れる無意識下の価値観や習性を直に体験する機会を提供して下さいました。


Bev Hosking と過ごして  橋本久仁彦:くにちゃん
10年ぶりに再会したべヴ・ホスキンは、柔和なまなざしのカッコイイおばさんに なっていました。お久しぶりです、と挨拶して、10年前は野球帽が似合ってたと言ったら、帽子のことは忘れたそうな。
 べヴ・ホスキンがリードするプレイバックシアターの空間は、10年前と同じく、若々しくエネルギッシュでしたが、以前よりもっと沈黙や人の動きのプロセスをじっくり待つ態度が強くなっているように見えました。印象に残っているのは、皆で一緒にランチに出かけた時のことです。差し向かいの席に座ったべヴと語り合うことができました。彼女はこのような、仲間との食事やお茶の時間をとても大切に思っていて、ワークショップやメソッドそのものよりも重要に思う、なぜなら人間が一番大事だからと。この点は僕にとっても大切なポイントなので、僕もそう思いますと同意した後、さらに突っ込んで確認してみました。

「僕はプレイバックシアターやサイコドラマなどの『メソッド』よりも、もっとこのようなただ一緒にいるだけの時間が大切だと思っています。」

「我々は日常生活の、何でもない当たり前の時間や空間の輝きを見失っていて、メソッドで『問題を解決できる』という操作的な力の感覚に惹かれているように見えます。そのような動きはやがて専門性を謳い始め、参加費も高価になります。」

 するとべヴはうなづいて、ニュージーランドの自分の家の庭の木々に咲いた花を見ながら、沈みゆく夕日の光の中に居る時間が一番好きである、と教えてくれました。僕は、べヴがサイコドラマやプレイバックシアターそのものよりも、一人で過ごす夕日の中の時間を何より大切にする人であるということを初めて知りました。フェイスブックはやらない、たくさんの人がわっと寄ってくるのが嫌だからと笑うべヴの言葉を聞きながら、ああ、この人は本当に目の前の人や物事をこそ大切にする人で、「人を救うすぐれたメソッド」を信奉する人ではないのだな、とはっきり感じたのでした。

 べヴはその後、東京での仕事を終えてニュージーランドへ帰国してからメールをくれました。「今やっと人がいっぱいの都会から離れて、くにちゃんに話した樹の花の見えるポーチに座って夕日を見ています。こうして一人になって大好きな場所に座っていると、大阪で過ごした温かい時間の思い出がゆっくりとよみがえります。くにちゃんと語り合ったことを今静かに考えています。ありがとう。ご家族の皆様にもよろしくお伝えください。」

 べヴが僕と語り合ったこと、というのは僕が担当した「きくみるはなす縁坐舞台」のワークショップやべヴと僕の対談のことも指しています。今回のべヴ・ホスキンとの再会は、僕の人生の探求にとって大きな出来事でした。西洋文化と東洋文化、英語を母国語とする者と日本語を母国語とする者との体験の違い、西洋演劇と日本の“一座”との比較などを通じて、欧米の人々の生存感覚が、強力な個人意識を基盤にしていること、それに対して、日本人が他者との関係性や場所への帰属意識を大切に感じて生きていることは、かなりはっきりしてきていました。しかし、なぜ欧米の人々の個人意識がそれほど際立っていて、関係性や場所から個として独立する強い傾向を持っているのか、については不明な感じがありました。学者が言うように、絶対神である「一つの神」を信じるキリスト教が根付いているためかな、と考えていました。ところがべヴは違った視点を教えてくれたのです。
 対談やワークショップでは、べヴや参加してくださった皆さんと、いくつかの日本人の体験感覚を分かち合いました。たとえば、芭蕉の「古池や かはづ飛びこむ 水の音」を、個人的な気持ちを強調して、「静けさや かはづ飛びこむ 水の音」として味わってみたとき、どちらの句に本当の静けさを感じるか、という実験。面白いことに日本人の参加者とべヴの答えははっきり違っていました。あるいは、日本人が客人に対してまず座布団を勧め、居場所を与えることや、自分が座っていた座布団をひっくり返して差し出す行為の意味の分析。きくみるはなす縁坐舞台のパフォーマンスを観察したべヴが指摘したように、床に直に坐る円座の形だと日本人参加者がリラックスしてすぐ発言する傾向がある事。

 これらの観察や考察から分かってきたのは、日本人が土地や場所に対して深いレベルで強いつながりを感じていることです。この日本人の「つながり」の強さは、欧米の人々の自他の区別を峻別する強さや、個として独立することへの信念と同じくらい強力な民族意識であること。するとべヴは、僕の論点を理解し、なぜ自分たちが土地や場所から自らを切り離してきたのかについて、以下のように語ってくれました。「くにちゃんが言うように、同じ土地に長年家族や仲間と共に住んできたゆえに土地につながり、ふる里や家族として帰属する気持ちが強い、ということは理解できます。私たちの数世代上の祖先は、イングランドから移ってきて、その土地に代々住んでいる人々から土地を取った(took)のです。だから自分の母国や祖先を切り離して個として強くあらねば生きていけなかった。今も根深い問題があります。」そう語るべヴの表情には悲しみのようなものが宿り、その謙虚な語り口に僕は感銘を受けました。

 僕にとって、過去にワークショップで出会った欧米の教師達は皆、自分のやっていることに自信を持ち、「これが皆にとって良いと信じている」と断言する点では共通していました。しかし、べヴは本当に謙虚なあり方で生きる人でした。ひょっとしたら謙譲を美徳としているはずの我々日本人よりも。自らが加害者であるという自覚を持つがゆえに、周りの人に「これは良いものです。皆さんもやってください。」という押し付けがましさを与えずに済んでいる(澄んでいる)こと。このような態度で生きているべヴ・ホスキンという人がリードするプレイバックシアターやサイコドラマが、誰でもそこにホッとして居られる温かい場所になること。これが今回べヴと再会してはっきりしたことでした。僕は、このような人物が僕のプレイバックシアターの恩師の一人であることに誇りを感じます。

 いつ再会しても胸襟を開いて互いのビジョンを親しく分かち合い、自分自身に対して誠実な生き方をしようとする時に拠り所になってくれる人。僕はそのような友人が数名いれば、この世にこんな贅沢なことはないと思っていますが、まさかはるか海の向こうで活躍する生粋の「欧米人」であるべヴ・ホスキンが、そのような「友」の一人であるとは思いもしなかったのでした。べヴと過ごした時間は、僕の人生の味わいや世界認識を、大きく豊かに広げてくれたのです。ありがとう。べヴ。ありがとう。一緒に探求してくださった参加者の皆様。そして本当にありがとう。べヴを招聘して、このような稀有な機会を創り出してくださったスタッフの方々。僕はべヴに対する以上に、あなた方の志と情熱に感銘を受けたのです。合掌。

前のページへ

|1|2|3|4|5|6|

次のページへ

BACKNUMBER

waon3.png2015.04.12
☆プレイバック和音♪☆ アートワークとプレイバックシアターのコラボワークに参加してきました!


cocoro_1.png2014 夏
☆「こころの木」コミュニティー@神奈川県藤沢☆ コアメンバーの落合良仁さんにお話を伺いました。


vitamin3.png2014.01.11-12
神奈川県で行われた「ココロにビタミンワークショップ 〜元氣になれたらいいね♪〜」に参加して来ました!そのときのインタビューです。


with_2.jpg2013.11.17
☆プレイバック劇団 With@滋賀県彦根市☆ 聖泉大学で行われたWithのパフォーマンスを観劇しました。その直後の感想をどうぞ!


スクリーンショット(2014-02-15 19.46.56).png2013.11.03
☆らしんばん@千葉県松戸市☆ 蔵のギャラリーにて行われたらしんばんの公演を観劇しました。そのときのインタビューです。


a0001_001023.jpg2013 秋
☆パレッタ スペシアル プロジェクト@神奈川県横須賀☆ 代表の小林京子さんにお話を伺いました。


g_1.jpg2013 夏
☆The Grace@愛知県名古屋☆ 2013年再出発したThe Graceのワークショップに参加してきました。


en_1.jpg2013.08.03-04
☆プレイバックシアターEN@大分☆ 別府鉄輪温泉で行われたENのワークショップに参加してきました。


once_1.jpg2013.07.07
☆大分 Once@大分☆ カンパニー立ち上げ1年半のOnceのお稽古に参加してきました。


IMG_0803.jpg2013.06.8〜06.09
和歌山県で行われた「英語でプレイバック」のワークショップに参加して来ました!そのときのインタビュー&レポートです。


IMG_0655.jpg2013.06.02
☆和音@東京☆ Spetial Editionで行われた和音のパフォーマンスを拝見しました。その直後の感想をどうぞ!


IMG_0439.jpg2013.04.21
☆のびのびはあと@佐賀☆ 佐賀で活動中の「のびのびはあと」の練習会に参加してきました!メンバーに中学生の姿も!


IMG_0415.jpg2013.03.10
☆シアター・ザ・ウェイブ@鳥取☆ パフォーマンスに伺って、突撃インタビューしました!


seeds_4.png2013.02.02
☆PLAYBACK CEEDS@静岡☆ リーダーの「とも」こと海野智子さんに伺ったインタビュー原稿です。


bev_2.jpg2012.10.19 - 10.25
Bev来日!!参加者の感想をいただき、その様子をお伝えします。