ホリデイ・トレッキング・クラブ

メンバー紹介

275265_100000299193733_1599352262_n.jpg山猫博士
サイコドラマを学ぶなかで、プレイバックシアターと出会う。ボストン駐在時にニューポルツに通い、スクール設立前のジョナサンに師事。米国のスクール本校に編入後、日本校で卒業。この間、宗像佳代らとプレイバッカーズ設立。多様な海外の仲間と日本を繋ぐ役割を使命と感じ、プレイバックシアターの国際組織である International Playback Theatre Network (IPTN) の理事を2期8年勤める。前 IPTN 副理事長、東京サイコドラマ協会認定サイコドラマディレクター。


hikari_prf.jpgファゼーロ
PT日本校二期卒業生。1998年家族相談士取得直後にPTに出会う。音とアクティングの息の合った融合でステージが煌めき輝く事、心を開いて話した事が目の前の人々によって表されることへの感謝の念、そして人同士が繋がり合うことで生まれる不思議で大きな力・・これら3点に魅せられ活動を続けています。全国に繋がる仲間は私の掛け替えの無い財産です。


623858_100001968610304_487631099_n.jpgボーガント・デストゥパーゴ
2003年、松山での日本女性会議で、プレイバックシアターと出会い、また、2007年、ジョナサンフォックスのWSをうけてプレイバックシアターと深くかかわり始めました。2009年、地元の小学校での「いじめ防止授業」を企画し、「いじめを共に考える」AB(Anti-Bulling)プロジェクトを主宰しています。2011年のフランクフルトでのIPTN世界大会参加を機に、IPTN日本担当をしています。


23079_1763451312_311357648_n.jpgボーガント・デストゥパーゴ
1995年当時、子育て支援団体の代表をしていた頃、北京女性会議報告で、プレイバックシアターを知る。情報を探し求めていたら、夢のお告げで、関西在住の橋本久仁彦氏に出会い、旧シアター・ザ・フェンスに入団。PT日本校三期卒業生。米国スクール本校やシンガポールと台湾のアジア大会・ブラジル世界大会・ウクライナヨーロッパ大会など、PTの可能性や奥深さを追求し、日本のみならず世界も飛び回る。劇団ALLプレイバックシアター代表。


572707_100001067774773_1661130616_n.jpgボーガント・デストゥパーゴ
プレイバックシアターを初めて知ったのは大学1年生の頃。それからしばらーく後、橋本久仁彦率いるシアター・坐・フェンスに入団。以来、カンボジアやタイ農村部の学校やコミュニティでワークショップやパフォーマンスを企画運営。やすさん(櫻井靖史)に声をかけられPTCに参加。多様化していくプレイバックシアター、即興の世界が今後どのような広がりをみせるのか、興味津々!